授業現場を散歩する。

対話する授業を求めて・・

小学校の先生に向け授業づくりのヒントを紹介します。


「面積」算数4年 授業のわかりやすさとは何か?  


スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)


授業TCは参考例です。実態やアイデアを加えオリジナルの授業を! 


 
長方形を組み合わせた図形の面積を図や式、言葉などを使って考える。
 
広さについては1学年で直接重ねて大きさを比べたり陣取り遊びをして塗った方眼の数を数える・・などしてその意味や比較・測定の基礎となる経験をしてきている。「面積」という広さの概念について知り計器を用いて測定するのではな計算によって求めることになる。単位の面積を決めることで他の量と同様に数値化できる良さを知る。
 
最終段階の授業を考察しよう。

 導入

 
問題場面をつかむ
f:id:You-will-find:20191208124100j:plain
T: 気づいたことはありませんか
 
C: 階段みたいな形
C: 角が何個もある
C: 形が変
C: 数字がいっぱい
 
T: では本時のめあてを考えよう
 
C: 面積の求め方を考えよう
 

見通し

 
T: では見通しね・・
 
C: 答えは24より下
C: 長方形に分けたらいい
C: 公式を使う
C: 式は2つか3つぐらいいる
 
T: ワークシートをたくさん印刷しているので一つのやり方で求められたらノートに貼って2枚目を取りに来ていいです。色々な解き方を考えてみてみようね。
 
自力解決 8分間
 
 3分ぐらいすると15名ぐらいの子が2枚目を取りに来る。
 

 集団解決

 
T: このやり方でやったよって発表できる人はいますか
 
C: 公式を使ってできるのは長方形だから・・・・分ける。公式はたて×よこでたてとよこの長さがわかれば広さが出るからそれを使うと・・・上が2×3=6 下が 2×6=12  たして18
 
 ①の考え として板書し色分けする。

 

    f:id:You-will-find:20191208133420p:plain
T: 習った公式から考えたんだね。みんなの復習になったね。
 
C: 先にこの線のことを言います。この形に線を入れてみると2つに割れる。左が4×3になり 右が2×3になる。で12と6をたすと線がなかった時の形に戻る。
          ②    

    f:id:You-will-find:20191208134744p:plain

T: 自分が入れた線のことを説明してくれたところがいいね。図にこの様に自分で入れる線のことを補助線って言います。こたえは18
 
「補助線」と板書 し矢印で「この様な線のこと」と説明する。
 

T:  この様に階段の様な形でも補助線を使えば正方形や長方形にできるからできますね。階段の様な変な形でもたくさん数字があっても自分が必要な数字だけを使えばいいんだね。そのこともわかりました。 

 

C: 私は3つに割って計算した。ここを①としてここが②でここを③とすると
  ①は2×3で6
  ②は2×3で6
  ③も2×3で6
  6が3つあるから6+6+6で18になる。
 
 
     ③

    f:id:You-will-find:20191208135950p:plain

T: もっと細かく分けたってことね。
 
6×3でいいんじゃないの?の声
 
T: たまたま同じ数だったからね・・全部6だったね。ほかにありませんか?
 
C ほんとはないけどあると思って同じ形を作ります。6×4=24・・この面積はないんだけどあると思ってする

    f:id:You-will-find:20191208140346p:plain

 
そしてこの面積はないところで2×3=6で24からないところの6をひくと
24-6で18・・にしました。
問題には6と4が書いてあるので6と4を使うならこの方法が早いのかなと思います。
 
すごーいの声。
 
T: なるほど。今の・・ほんとはないけどあると思ってきれいな形にするってなかなか斬新だね。このやり方・・他の人がもう一度説明してほしいな。
 
C: きれいな形にするとこうなるで・・・・まずきれいな形を想定して計算する。6×4=24となって・・実は・・・・・この部分がないから・・そこを引いて答えを出す
 
T: 友達の考えで勉強できることはすごくいいことだよ。今のきれいな形っていうのはどういう形?
 
C: 長方形
C: 公式が使える形?
 

適応問題

 
T: だよね。ではこの問題はどうかな?
 
  f:id:You-will-find:20191208141515j:plain
 
C: これは分けるとややこしい
C:    さっきのやり方!
C: 引いた方が簡単だ
C: ない部分を引くパターン
C: 分けることもできるけどこの問題は
  引く方がはやい。
 
T: では時間がないからみんなでやってみようか。まずどうする?
 
C: きれいな形は外側の長方形のこと
C: 公式でいうとたてが4㎝で横が6㎝だから4×6で24で・・・・
C: ちっちゃいのは正方形で2×2で4だから24から4を引く。
C: 答えは20㎠?
 
同じでーす ・・の声多数
 
T:はやくてかんたん正確ってなんだっけ?
 
C: はかせ!
 
T: はかせだとこの問題はひくほうになるのかな。問題によって違うけどね。ではこの問題もノートに貼って自分で式を書いて20㎠って答えまできちんと書いて終わりに
しましょう。
 

【授業の成果】

 
この授業はまず先生の準備が整っていた。子ども達には問題の図がノートに貼れるサイズで多く用意されていた。1つのやり方ができた子はこの図の用紙を取りに来てもう一つの方法を探ることができた。それに合わせて板書用の拡大図も何枚も用意されていて
黒板が埋め尽くされていった。応用問題も同じである。時間短縮になり2つの問題を時間内に収めることができた。
 
また導入で出てきた
階段の形 
変な形 
数字がいっぱいなどの声を使い
 

T:  この様に階段の様な形でも補助線を使えば正方形や長方形にできるからできますね。階段の様な変な形でもたくさん数字があっても自分が必要な数字だけを使えばいいんだね。そのこともわかりました。 

 

とまとめた。見事なわかりやすさだ。また次の問題につながる様な説明を子どもに再度説明させるなど丁寧に行っている。

 

T: なるほど。今の・・ほんとはないけどあると思ってきれいな形にするってなかなか斬新だね。このやり方・・他の人がもう一度説明してほしいな。
 
問題もそれほど複雑にせずに簡単な数字で考え方の基礎を徹底させようとする数字の選択がされている。ここに先生の分からせようとする気持ちの強さと配慮が見て取れる。若い先生にとってはお手本の様な授業である。
 

授業は難しい。

先生がんばれ!

明日も元気で。

人気コミックを全巻セット

www.you-will-find-sennseiouen.com